St.Sunshine Collecthione's

Color Therapy Sun Energy Healing

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トワイライトで人生意識を垣間見る

トワイライト~初恋トワイライトサーガ ニュームーン



トワイライト

映画「トワイライト~初恋」を見て,先が気になり,原作者の著書を手にし一気に読み切ってしまいました。

私的,とても珍しいことです☆

それは原作者ステファニーメイヤーさんの処女作「トワイライト~初恋」の映画を見て興味を持った。
映画は,映画監督のイメージなどもあり,原作者の意思,創作を無視された表現になることも多くある。
私は,映画を観た後,続きを知りたくなり,原作となった著書を手にした。

やはり,映画で観たイメージ構成が変えられているところもある。
ステファニーの描く創作は,とても繊細で五感を刺激する。
人間と吸血鬼の禁断のラブロマンスではあるけれど,ただの平凡な好き嫌いなラブロマンスなお話しではなく,
それぞれの立場や関わり方の表現,まるで登場人物が実在するかのように思ってしまうような魅力がある。

おもしろさを感じたのは,今までの恐ろしいだけの吸血鬼ではなく,一言では表現しにくいけれど,
愛を感じられるところと多面的な表現で精神性的にも考え深く~繊細な五感への刺激♪
吸血鬼同志は,相手の考えが読めてしまいます。
特殊な能力者ではないと,隠しようがありません,,,ふと,御霊の世界も同じなんだよね~って思い返しておりました。
今まで,ドラキュラなる吸血鬼や狼人間などは,恐怖を植え付けるような表現のものが主流といった具合,
いままで,吸血鬼ものでも,衣装・映像の美しさから(1992年のアメリカ映画である。
ブラム・ストーカー原作の『吸血鬼ドラキュラ』の映画化。
フランシスフォード・コッポラ

ドラキュラ伯爵扮する・ゲイリー・オールドマンの映画も悲恋なものではあり,ある意味,異なる意味では好きだったけれど,
吸血鬼になってしまった後の生き方は,前世の浮き写しの奥方を一途に思う気持ちを除いては,人間に対しての恐ろしさは変わらない。

今回のトワイライトの主役のカップルの表現創作,トワイライトTwilight01JPB.jpg

※著書は2タイプあって,イラスト入りの方が,1~13で完結しています。(読みやすいタイプで,待ちきれず購入)
ブラックの著書は,まだ,完結できず,上下巻6冊翻訳されているの。(個人的こっちが好き)

トワイライトの吸血鬼でも,様々なタイプのものがいる。
当たり前に,世間からその存在を知られることもなく身を潜めながらも,夜になると人間の血を得るために狩りに出かけるものたち,
ひとつの王国でも築いているような恐れられている一団や何にも属さず,従わず,族世間から離れ,自分たちの自由を主張し,
単独に放浪するもの大抵,一人か二人などの行動が多い,でも,友人への思いやりはある。

「トワイライト」の主役と主な善良なメインの登場人物は,元々は,人間であり,それぞれ悲しい過去がある。
命を落としそうな死の淵から,選択肢もなく,やむなく咬まれたことで吸血鬼の毒を継承として受け継ぎ,
不運?と言うべきなのか,吸血鬼としての「命」と言っていいものか,延命を授かり,その後は,本来,最強の肉食獣なのだ。
彼らは人間にはけして危害を加えない,彼らは家族として,人間としての生き方を装いと選択をしている
その生き方は,彼らには,一番強く,魅力的な香りを放ち,一番パワーがつく人間の血を得る,狩ることをせず,動物の血を必要な分だけを得ている。
だから,吸血鬼とのラブロマンスはあり得えず,恋人との逢瀬はおろか,子供ができることさえ不可能に思われていた。
魂が無いのではないか?死んでも地獄しかないと思いこんでいる彼らの切なさを思うと,
私が救ってあげちゃうよ☆と思ってしまうほど愛しくなる,彼らには,常に可能性がある。

あえて言う善良な吸血鬼家族は意識までも慈悲深く純粋,その半面,自身を穢れた化け物・自然に死ぬこともできない呪われた人生だと悲観した側面があるが,
暴力的なことを好まない温厚な生き方を選んで生きている。
描かれる吸血鬼は,本来,本能のままに生き,自制心が効かない,自分から見出すことはなく,ほとんどが感情に流され,欲望の赴くままに生きる。
でも,主役の彼ら家族は,それぞれの平和のために,助け合って学んで生きている。
人間以上に献身的で,遥かに愛・絆が深い,その姿,表現は,繋がる宇宙意識と人間の意識の狭間を垣間見るようでした。
主役の吸血鬼との恋の相手の人間も,人狼と吸血鬼,他の吸血鬼の架け橋のような潜在的大きな役割を持っているような感じがする,一度も吸血鬼を恐れることもなく,大切な人たちの傷が彼女には傷,それは,吸血鬼の彼も,彼女を同じように切ないほどに寛大な愛をしている。
地味で欲がなく控え目,サプライズも贈り物も受け付けることに困惑する。
何より,人に気を使われることが苦手,それでいて,家族や友人へ惜しみないやさしさと愛情が愛おしさを誘う。

愛する吸血鬼と築く家庭にも応援したくなる。

エドワードとイザべラ

ストーリーのはじめに,主人公の女性の言葉に
「自分の死にざまなんか,考えたことはなかった。
でも_死ぬことに,愛する人の身代りになるのなら,
(良い死に方だと思う)気高くさえある,きっと大きな価値があるはず_だから後悔はしない』

その決意が一途な迷いのない思いなら良いのかもしれないね。
彼女は,自立した精神を持ち,愛するものには,わが命をもいとわないという揺るぎない精神。
互い,愛するがゆえに伴う障害はとても大きなテーマになっています。

余談混じりですが,宇宙は戦争は,意識エネルギーの衝突という戦いをするそうです。
納得が行くまで意見を言い合うようです。
意識は嘘をつけないので,知られたくないこと,余計な情報などあると知られてしまいます。
意識表現は,ストレートなので激しいようですが,暴力的ではないようです。
トワイライトのお話しの中では,新生者は無知で共謀惨忍だけれど,
世紀をまたぐ,または,古い吸血鬼の中には,殺しを楽しむものもおりますが,基本的に話し合いによる結果を求めあいます。
三幕のお話しの未公開映画「ブレーキング・ドーン」に当たる内容では,いざ,和解を申し出るにも,万が一のための戦い方が出てきます。
それぞれの登場人物の能力も,ある意味個々の御霊の個性を表現しているように感じられました。
吸血鬼という存在が滅んだとき,罪深き存在として,天国へ還れないという吸血鬼の未知への苦悩が人間という存在の罪として表現できるように感じました。
『陰極まりて 陽となす』とありますが,深い悲しみや苦しみが深ければ深いほど,後は光に向ってその経験を血と叡智に変えることができるように
この善良な吸血鬼家族,特に家族と称している立場的,両親や息子と称する主人公には,慈悲深き,神々しい側面を感じさせられる。
敵の中心人物をはじめ,その取り巻きたちの中には,未知への不安を露わにして,尊い命を滅ぼそうとする,恐怖心も人間の無知を垣間見るようでした。
無論~作者は,そういった事柄を考えてはいないと思うのですが*^^*

必ず希望はあるよ

なぜ,こんなに創作された話に夢中になれたのかを,全て読み終えた後に物思いに分析してみた。
読んでいると,あらゆる情景や感覚のイメージに引き付けられ,読者までも吸血鬼の毒に魅了されているように
登場人物に恋をしているというより,憧れとも異なる,話に恋をしてしまう。(たぶん,私の場合)
言葉の表現や,衝撃な話しなど,様々な五感が刺激されてゆくように,思わぬ展開に「そう~きた!」と更なる,見守りたくなる心理をそそられるよう,
繊細に表現され,時に不安になり,ともに安心し喜び,刹那的に涙し,慈悲深く感銘を受け,
登場人物の美しさの表現,喜怒哀楽が目覚めるようでした。

読めない時間は,恋焦がれたように気になって仕方がなかった(笑
ということは,まるでその架空の現実のように思えてしまう世界に浸っているほど,繊細に書かれ,
何より,大切なのは創作者のステファニーは,夢の中でこの物語を見て本にした。
それは御霊で創作されたお話を読み取ることができ,素直に御霊のお話を表現できたことが世界累計7000万部ベストセラーと感動に繋がったようですね。
なぜ大切なのか?御霊とは,個人の才能の宝庫なので,ステファニーは夢という素直になれる世界,御霊と繋がる世界から創作を表現している。
だから,どのような創作物も御霊から生み出されたものは素晴らしい評価がされる。
そしてもっと,御霊が成長すると,現実にも,好きな時にお話しを瞬時に創作できるでしょう。

(著書を読んで,無論,イメージ表現,感覚は,それぞれの経験により,イメージも異なるでしょう。なので,私が感動したことが,他へも同じとは限りません)

「トワイライト~初恋」公開~DVDあり
「トワイライトサーガ ニュームーン」 2009,11月28日 公開予定
「エクリプス」日本未公開 2012年予定?
「ブレーキング・ドーン」日本未公開 2013年予定?


役者もだんだん大物スターが出て来て,その演技も楽しみかも~♪

ユーチューブで,少しは観れるよ♪

観てないひとも,読んでいない人も,台詞の一言一言にイメージして読んでみてね~♪
ちなみに,映画と本では,味わい方も表現も異なっている☆おもしろさもあります♪
女性は,好きな人は多いと思うけど,繊細な男性も違う側面で味わえると思うよ。


/span>
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Re: ご無沙汰しておりました♪


こんばん和~♪ほんとね~ご無沙汰しておりました。

runaさんのコメントに気づけず,大変,お返事も遅くなってしまい,
失礼致しましたm(uu)m

今,制作に忙しい振りをしていました(いやホントです(笑

runaさんも,好きだったのですね~♪
もう~しばらく,不思議な感じでした。

もう~実写版の「ムーン トワイライトサーガ」は観ましたか?
私は,まだ観ておりませんが,映画を忠実には出来ないでしょうね。

ご紹介頂いた映画も,全部観ました。
ヴァンパイアものは,私も好きです。
「クィーンオブザヴァンパイア」は先月だったかしら,観ました。
「インタビューウィズヴァンパイア」の続編だったとは,知りませんでした。

先日,このコメント前後,そのあたりかもしれませんが,
ブログへお邪魔していたんです(笑

また,素敵な絵を拝見しに行きます。
また,いつでもご縁くださいね。

ありがとう♪嬉しかったです♪

ご無沙汰しておりました♪

こんにちは、ステキさん♪
すっかりご無沙汰しておりました。
何気なく楽天の自分のブログを凄く久しぶりにチエックしてたら、ステキさんのブログを見て思わぬトワイライトの記事を見つけ飛んできました。

私もこれ、映画見るより先に原作を全巻大人買いして一気読みいたしました。
私は個人的には映画よりも原作重視なんですが、なんにせよこのお話はとても好きなお話です。

ステキさんもハマっていらっしゃるとの事・・周りにこの小説を読まれている方いないので何だか嬉しいです(^ ^)

元々、バンイパイアものが好きなので・・・何故か惹かれます。
色々見てますが、「クィーンオブザヴァンパイア」ご存知ですか?
トワイライト好きなら、これも好きかもです。
インタビューウィズヴァンパイアの続編でレスタト役の人は違う人になってますが、私は好きなロックが織り込まれたこの続編の方が好きです。

久しぶりなので色々お話したいこと盛りだくさんですが、また遊びに伺います♪

空の写真も見せていただきました。
いつも劇的な瞬間をどうもありがとう(*^ ^*)

runa

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

St-mother

Author:St-mother
すてきなあなたを~*が織りなす、
私、やわらぎの宇宙へようこそ~♪

私は感性のままに表現しており、
何らかの枠にあっての表現はありません

宇宙・惑星地球・自然・光・闇・癒
動物・人・ソウルメイト・魂・開放
真心・笑顔・神秘・聖・愛・生命

私のハートをカメラを通して
表現できたらすてきだなぁ~と
楽しんでいるこころの個展~☆

画像はクリックすると大きく
見ることが可能です。
言の葉と画像とは異なることも,

カラー模様の写真は、シルバーの紙に太陽光が当たることで、二つとないあらゆる虹のオーロラのような光の模様なども様々に現れます、カラーセラピー効果もありますので、ゆっくりと観じて、愛でて頂けると嬉しいです。

他にもブログはありますけれど。。。
ここは画像を中心にメッセージしてます。
少しでも私を知りたい(笑)方は、リンク先の
『St,mother/愛~天地人』を
拝見くださいね、もうひとつの私の側面です。
どうぞ、こちらでもよろしくね*^^*

心無いコメントは削除します。
暖かいコメントはご遠慮なく
大歓迎です*^^*♪

すてきなエネルギー交流に感謝~*

*小さな光の個展を感じてくださいね*

愛と光の調和 喜びありて

※WEBサイトの内容の一部または全部を無断で複製、
転載することを禁じます。
WEBサイト掲載写真の著作権は、撮影者に属します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
♪BGM

©Plug-in by PRSU

ドレミFlash

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

おじゃまんどら君

おじゃまんどら君

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

NewMark

黒ねこ時計 くろック D

AquariumClock「はな金魚」

リバーシ

ポインタ・スイッチ





茶太郎

ぽあぽあ気球

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

ブロとも申請フォーム
StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。